セックスレスは離婚の原因ともなるので注意!

結婚するといろいろと生活習慣が変わります。
特にいわゆる「夜の営み」も大きく変わるのではないでしょうか。
それまではデートの度にホテルに足を運んでいたような熱烈なカップルも、結婚したら全然そのような事がなくなるケースは珍しくありません。

また、新婚当初はとにかく毎日のように頑張っていたものの、いつしかセックスレスはおろか、寝る場所さえ別々になっている夫婦さえあります。
性欲の波長の問題もあれば、性欲は刺激によって生まれる部分もあります。
毎日のように顔を合わせていると、少々下品な物言いですが「いつでも出来るし」と考えてしまう人もいれば、新鮮さがなくなり、異性というよりもまるで身内のような気持ちになってしまうので性交渉そのものがなくなる夫婦は珍しくありません。
むしろ日本の夫婦のテンプレートと言っても良いでしょう。

特に出産を挟むとそれがより顕著になります。
性欲云々ではなく、子供中心になりますので、妻も「女」ではなく「母親」になる。
それこそ性欲よりもとにかく子育てにエネルギーを向けるため、夫から誘われても拒否するだけではなく、嫌悪感を示すケースさえあるのです。
男性側としても、立ち合い出産を経験すると妻を性の対象として見られなくなるとも言われていますし、やはり「慣れ」「飽き」もあるでしょう。
妻に不満があるでもなく、若い女の子と不倫してしまう男性がいるのは、種の本能という観点からみると不思議なものではありません。

ですが、セックスレスが過ぎると離婚原因として認められるようになります。
離婚の原因として挙げられるのはやはり浮気です。
浮気が認められれば、浮気された側としては結婚生活を続ける意思などなくなるでしょうし、「相手が悪い」と言い張れます。
離婚は理由によっては認められないケースもあれば、慰謝料が求められるケースもあります。
例えば「何となく嫌になったから離婚したい」と申し出たら、申し出た側の我儘なのですから慰謝料を支払うのはそちらになるでしょう。
ですが浮気されれば「浮気されたから」になりますので、浮気をした側に慰謝料請求出来ます。
正当な理由として取るに足るものですからね。

そして、セックスレスもまた、「取るに足る理由」になります。
何となくしないでいたら、いきなりセックスレスを原因に離婚を迫られるケースとて十分にあり得るのですから、クラチャイダムゴールドなどで自分自身を刺激して、たまには妻の相手をしてあげると良いでしょう。
クラチャイダムゴールドを使って違う自分になれば、以前とは違った気持ちになれるかもしれないですよ。