加齢によって精力が減退する原因は?

一般的に、男の精力は若い時の方が強いと言われています。
これは決して間違いではありません。
なぜなら、男としての「身体的な」ピークは若い時です。
そのような時には、自分自身のエネルギーを持て余し気味です。
精力だけではなく、何もかもが溢れるばかりに出てくるものですが、年齢と共に減少していくと言われています。

これは一体なぜなのか。まず、年齢と共に男としての機能が弱まる点が挙げられます。
勃起力の衰えもありますが、精子の精製能力もやはりどうしても落ちてきます。

かつて「35歳になると羊水が腐る」と発言し、大顰蹙を買ってしまった女性芸能人がいましたが、これは強ち間違いではありません。
更には男性にも同じ事が言えるのです。
やはり若い精子の方が繁殖能力が高いようです。
ですが、年齢と共にそれらの活力が損なわれていきますので、自分自身で蓋をするようになっていくのです。
また、精力を発揮するためにはそれなりにエネルギーも求められますが、年齢と共に筋力をはじめ、エネルギーそのものも衰えていきますので、結果、精力を発揮するのが億劫になってしまう男性が多いのです。
誰しも衰えている自分など見たくはありません。
若い時に出来ていた事が出来なくなる。それが「加齢」というものですが、実感するよりは蓋をする。
つまりは精力も発揮しないよう蓋をするうちに、衰えていくのです。

ですから、エネルギッシュな方であれば、年齢を問わずに元気です。
例えば高齢者でも元気のある高齢者もいれば、そうではない高齢者もいますが、これらは身体能力の違いも大きいのです。
常日頃から鍛えていると、やはり活力があります。
ですが、寝たきりになってしまうと余計悪循環に陥ります。
つまりは精力は自分自身の活力の問題でもあるのです。
年齢によって衰えるのは、精力ではなく、新陳代謝を含めて人間としての機能です。

ですが、これらの機能が落ちると精力を発揮するのが億劫になったり負担になる。
これが、年齢と共に精力が衰える原因です。

ですから、例えばですがクラチャイダムゴールドによって精力増強すれば、年齢を重ねていてもエネルギーが体から満ち溢れるような状態になりますので、精力もあまり衰えず、「この精力を発揮したい」と言う状態になるのです。
つまり、逆説的に捉えるのであれば、年齢を重ねても精力を保持していたいのであれば、クラチャイダムゴールドを飲むなり、自分自身を鍛えていつまでも若々しくあれば良いのです。